社員自身の価値を向上!資格研修

業務に直結する資格が取れるようサポートしよう

中堅社員研修のプログラムの一つとして資格研修を導入するにあたっては、それぞれの部署の社員が業務に直結する資格が取れるようにあらゆる角度からサポートすることが肝心です。たとえば、経理や語学、パソコンなどの資格は、様々な職種で役立つのはもちろんのこと、スキルアップを図るうえで有意義なものとして位置づけられることがあります。また、専門的な知識や技能が求められる資格については、試験に合格するまでに長い学習期間や実務経験が必要となることもあるため、研修中だけでなく、日々の業務を通じて継続的にアドバイスを行うことが大事です。なお、資格研修の内容を充実させるうえで、実際に様々なジャンルの資格を取得した社員が研修講師を務めるのも良いでしょう。

資格試験に合格した社員に手当や報奨金を支給するのもおすすめ

中堅社員のスキルアップの一環として、数か月おきに資格研修を実施している企業の数は年々増加しています。そうした中、それぞれの社員にやる気を出させるためには、難易度の高い資格試験に合格した場合に、特別な手当や報奨金を支給するのもおすすめです。大手企業においては、業務に必要な資格の保有者を対象に給料をアップするだけでなく、管理職に登用をする際の参考としているところも少なくありません。そうした中、資格研修を意義のある機会にするには、研修の実施期間やカリキュラム、プログラムの内容などにこだわることがポイントです。その他、研修の企画を考えるうえで、一人ひとりの中堅社員の資格取得に対するモチベーションを把握することも重要です。