広い視野を持たせる!他部署研修

他部署研修は会社の全容を見る機会になる

社員研修では部署ごとやプロジェクトごとなどにテーマを設定して実施することが多いですが、大きな会社ほど小さなネットワーク内に社員を閉じこもらせてしまわないようにするのが肝心です。一つの部署の中にずっといると視野が狭くなってしまいがちで、その部署内で物事を考えてしまうようになる傾向があります。しかし、他部署研修を取り入れると状況が一転し、社員が会社の全容を見る機会が手に入ります。研修先の部署でこの部署は一体どういう機能を持っているのかをよく考えられるでしょう。そして、会社全体にとって利益をもたらすという視点で、所属している部署が何をすべきなのかを考えられるようになるのが他部署研修を取り入れる魅力です。

ネットワークも広がって連携が生まれる

他部署研修はただ会社全体を見渡す広い視野を持たせられることだけがメリットではありません。普段は一つの部署内にこもってしまっていて他の部署とほとんどコミュニケーションを取る機会がない人も多いでしょう。同期なのに一度も顔を合わせたことがない人もいるかもしれません。しかし、他部署研修で色々な部署を回ることができれば、自然に各部署の人とコミュニケーションを取れるようになります。それによってネットワークも広がり、それぞれの部署にどんな人がいるのかもわかるでしょう。その理解が深まると業務上も連携が生まれることが少なくありません。今までこの部署にこんな力を持っている人がいるとは知らなかったというような発見があれば他部署研修の意味も大きくなるのです。